ATMでの返済は意外と便利

カードローンの返済方法のひとつとして、ATMでの支払いというものがあります。消費者金融でも銀行でも、多くの会社で専用のローンカードやキャッシングもできるキャッシュカードを利用して借り入れを行えるようになっています。カード一枚で借り入れから返済までできるようになっており、コンビニエンスストアのATMや銀行、消費者金融の自社ATMなどで使います。自宅や会社の近所やよく出かけるエリアなどで手軽に利用できるため、大変便利です。

わざわざ出かけて行って返済したくないという人にはおすすめしませんが、利用する機会が多い場合には銀行引き落としとは違ったメリットもあります。銀行引き落としでの返済では、支払い日の前日、または当日までに口座に必要な金額を入れておかなければいけません。収入の振込み口座と別になっている場合や、口座のお金を使いすぎた場合には入金のし忘れで引き落としできなくなります。ところが自分でATMに振り込むのであれば、自分のタイミングでお金を用意することが出来ます。

また、入金のたびに金額を変えられるのも魅力です。最低入金額以上であれば、お金のある時は多く支払うこともでき、返済のスピードアップが手軽に行えます

参考〔NOLOAN:消費者金融業者〕
カードローンをATMで返済ができる消費者金融NOLOANです。

忘れっぽい人は引き落とし

カードローンの返済は、うっかり忘れに注意が必要となります。返済日には毎月決まった日というものだけでなく、35日周期などの少々分かりにくいものもあり、そういったシステムを利用した場合には、うっかり返済日を過ぎてしまうことがあります。特に忘れっぽい人や忙しい人はATMでの返済はこうした遅延のリスクがあると考えられます。

自分からATMに返済に行くのが難しい、忘れてしまう、と言う人は口座引き落としでの返済が適しています。口座引き落としの場合には、契約時に口座を登録して引き落としの手続きを行うことになります。また、途中で返済方法を変えたい場合にはそのタイミングでも変えられます。

口座引き落としでは、決まったタイミングで決まった金額を自動的に支払うことができるため、振り込みを忘れてしまうことや、都合がつかなくて支払えないリスクを防ぐことができます。ただし、引き落とし日が近づいてきたら口座残高のチェックが必要です。より安全に引き落としを行いたい場合には、引き落とし口座を給与振込み口座に設定し、支払日は給料日の後にしておくと良いでしょう。

問題点としては、毎月一定額の支払いとなるため、支払いの増減をしたい場合には業者に連絡を入れたり、ネットで変更手続きをしたりするなどの手間がかかることがあります。また、最低金額の支払いにしておくと返済が長期化する恐れもあるので注意が必要です。

カードローンは返済が重要

カードローンは現金の借り入れがカード一枚でできる便利なサービスです。そのため、手軽に使い始める人が多いのですが、基本的に「借りたら返す必要がある」ことをしっかりと踏まえておくことが必要となります。カードローンでは振り込みキャッシングが便利だとか、即日融資があるなどの借り入れ時のメリットばかりを追い求めて返済の利便性については後回しに考える人が多くなります。しかし、本当に考えておきたいことは「返済のしやすさ」なのです。

カードローンには、それぞれに返済方法の選択の可否や選択の種類の豊富さなど違いがあります。返済日が複数の日程から選べるものや返済の周期を選べるものもあり、自分の利便性に合わせた選択が必要です。

カードローンでは返済が遅れた場合のダメージが大きくなるため、できるだけ自分に合った返済方法を持っていることや、複数の方法の中から選べることが重要となります。返済方法が自分に合っていないことや、ちょうどお金のない時期に返済のタイミングが迫ってくることで、自分のライフスタイルが狂ってしまうこともあるでしょう。

一度であれば数日の遅れでも信用に傷がつくことは少ないとは言われていますが、それが何度も続くようでは信用は傷ついていきます。そのため、返済がスムーズに行えるかどうかを見極めることはとても大切なのです。

カードローンは返済方法を要チェック

カードローンでは返済方法が複数用意してあり、その中から自分の都合の良い返済方法を選ぶことができます。カードローンの利用では返済が遅れたり滞ったりすることで自分の信用情報に傷がついてしまうことがあり、自分のライフスタイルに合わない返済方法になってしまうと自身を追い詰めることにもなりかねません。

誰にでもうっかり返済日を忘れてしまうことはありますが、そのせいでカードが使えなくなることや、延滞などの情報が情報共有機関に記載されてしまったら大変です。万が一延滞をしてしまったら、一定期間はブラックリストとしてその情報が他の業者や金融機関にも見られるリスクを負ってしまいます。そのため、カードローン利用時には慎重に返済方法を選ぶことが必要です。自分の忘れっぽさやATMなどの利便性、お給料の受け取り方法などに合わせてより安全な方法を選択しましょう。

カードローンの返済方法としては、口座引き落としやATMでの入金、銀行振り込みなどがあります。そのうち口座引き落としは前もって手続きを行うことが必要となります。それ以外の返済方法は適宜自分の都合に合わせて利用することができます。ただし、繰上げ返済以外の定期的な返済は、支払日が決まっており、忘れないようにしなければいけません。支払い日は消費者金融や金融機関によって違っており、選択が可能となっていることもあります。選択できる場合には契約の時点でそれも選ぶ必要があります。